科学変態ZENRA-MANは失敗作

毎日がぐだぐだなので、どうでもイイことばかりを書いています
 
2017.07 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09
 
ALLRSS

■ スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 俺の今思うと危険な思い出を晒す 第7次危機 

アカラサマにネタギレが分かるな、コノネタやるとw
見ても面白くないので、見ないで下さいw
今回のは、中学の時だか高校の時だったか、
記憶障害でよくわからないんだけど、
多分、高校のとき。


言うまでもないけど、俺は無駄が大嫌いな人間。
ショートカットできるものショートカットする人間。
もちろん過程が重要なモノについては、ジックリ攻める。

要は、マリオカートみたいなもので、道は直角に曲がってるけど、
間は草原だけど、ミニターボ使えばココ通れるじゃん!!
って感じ。

そんなお調子者の俺が怪我をした話。

この話は、他所のブログのコメントで書いたことがあるから、
アル意味既出なんだけど、このブログでは初登場。


高校へは、チャリ通学をしていた。
野球でこないかと、誘われた学校は、わざわざ電車を使わないと
いけなかったから、アッサリ家から近い高校を選んだ。
でも、野球部なかったんだけどねwww

で、俺が通ってた高校のチャリ置き場は、下駄箱がある入り口に
行くための階段の裏側で、イチイチ回り込まないといけない。
しかも、その階段、階毎に向きを変える極普通の階段だったから、
その登りながらの方向転換もかなりメンドイ。

で、考えたのが、チャリ置き場から、自分のクラスの教室まで、
校舎の壁をよじ登れば、はえぇ~~じゃん!!って気が付いた。

コレ、意外と難しそうに思えるけど、誰でも簡単に登れるよ。
壁には、よく配管とかがあって、足をかけたり、
手でつかめるように、よく出来ているから、ハシゴみたいに
誰でも簡単に登ることが出来る。

上る時間計測してみたら、4階までで、3分くらいだったから、
コレは、楽チンだ!と、ヤミツキになった。

コレを発見したのは、たしか高校1年だったような、気がする。
駄目だ、30になって早くも記憶障害が・・・

登りはコレでメンドイ思いをせずに済んだ。


外に出るときは、どぉ~すんべかな、と思い窓から外を見ながら考えた。
よぉ~く見ていたら、チャリ小屋の屋根が以外と丈夫そうなのが分かった。
コレもしかしたら、こっから飛び降りても、大丈夫じゃね?
って思った瞬間、上履きを教室の自分の席に置いてきて、
早速、窓からジャンプ!!!

とぉ~!!!わぁーはっはははっはは!!!!

ボォンッ!!

蒸着じゃなくて、到着!!!

降りるのはものの数秒wwww
コレも楽チンだ!と、ヤミツキになった。


とまぁ、先コウどもに見つかっては怒られ、でも、俺は、コレを毎日続けて
いたのは言うまでもない。


冬のある日の出来事。
いつも通り、ショートカット、ショートカットの嵐を続けていたわけだけど、
とうとうバチ当たりなお馬鹿さんに悲劇がぁwwww

新しく買ったコートを羽織った状態で、飛び降りたら、
なっ、なななっななぁっ、なんとぉ!!!!!
南斗水鳥拳!!!!
シュパッ!!!!
じゃなくて、なんと、そのコートが、配管のところにある金具に引っかかって、
体のバランスを崩し、俺は、変な状態で落下。

ものの数秒だから、状態を戻す時間もなく、アスファルトの上に叩けつけられた。
でも、

おっ!俺生きてるwww
うはぁ、生きてんじゃん!!!
よっっしゃー!!帰るかぁ~!!!

と、思いきや、なんか左腕、というか左肘が言うこときかなくて、痛い。
ものスゴイ痛い。

見てみたら、

ナンじゃごりゃぁぁぁぁあああああああ!!!!!!

俺の肘が逆関節状態になってて、なんかプラプラしてたwww
偶然にもソレを見ていた友人が、保健の先コウを呼んで来てくれたようで、
すぐさまタクシーで病院へ。
高校のすぐソバに病院あるんだけど、俺の行きつけのトコがあるから、
ソコへ。

もうね、タクシーの中で左腕をなるべく動かさないようにしてたんだけど、
タクシーがちょっと揺れるたびに、激痛が走った。
ちょっと動くと、

ピカァー ピカピカッ! ピカチュー!!!

ってな具合だった。


病院について、とりあえずレントゲンだ!って糞医者に言われ、
X線室へ。

俺は、初めて悲鳴というものをアゲタ。

ウワラバァー!!!!!!!!!

そう、こんな逆関節プラプラの腕を、写真を撮りやすいように、
X線技師が俺の腕でもて遊んだから。

しかもどうやるのが一番イイのか悩んでたらしく、
いろな格好された。
その度に、俺は悲鳴をアゲタ。
時には、X技師のケツを蹴ったwww

もうね、お前はSM嬢ならぬ、SM王子かっ!!!!と。


そんなこんなで、若くしてSの男がMを体験してしまったわけで、
脱臼状態を戻すときなんて、もう肘の感覚がなくなってて、
痛みも感じず、腕は、元の向きにハマッタwww

がっ!!しかし、肘の骨は、無残にも、バキバキになっていたため、
要手術という診断結果だった。


腕は、医者のおかげではなく、俺の地獄のようなトレーニングにより、
見事に回復したわけだけど、その後も高校で、ショートカットを
続けたのは言うまでもないwww

■ コメント

shisuta #VJnaaixI

ショートカットしたい気持ちもわかるけど
何か抜けてるんだよ。そう言う人って。とか私が言ってるよ~私が!ヽ(`▽´)/

でもそれだけでよかったよ~。頭打って本当の記憶喪失になったら大変だったし・・それだけでよかったよ~。

得したことと言えばSなのにMの経験が出来たということか・・・・それでよし!としなければ(^^)

たけ #-

無理し過ぎですwww
見ているこっちもイッテエYO!

学校の窓の前にある緑のネットを使って
登ってい奴はいたなぁ

sacchin #mQop/nM.

言うまでもないとは…
いやいや言われなかったら絶対止めてると想像しますから。
恐るべし。

yammie ya #-

豪快さんだぁ~(笑)
クラスに一人こういう人がいると、学生生活が退屈せずに…いやいや(^_^;)

お腹、大切に。命もね(笑)
マジで痛そうな話なので、ご無理なさらぬように…(^_^;)

takan #YP/V7rg.

4階って、高くね~。
高所恐怖症の私にゃ無理な技ですな。

ユイ #-

うわうわっ
見てみたら…の後がちゃんと読めなかった

だって怖いじゃないかー

|_ ̄))ソォーッ

見事に回復したんだね よかったよかった♪

つっきー #-

ウワラバァーってのが一瞬、

イナバウアーかと思ったです


マリオのショートカットは
よく失敗して逆に時間食うワナ。

壁抜けとか飛び越えとかの方ですがね。

NOB #eiz/C2JY

普通出来ると思ってもやらないですよね。
さすがというかなんというか。。。
4階から落ちて腕一本で済むとは。
そしてその後もやり続けるとは、感服致します( ̄w ̄

佐倉 #0oI0TrLw

な・・・何で飛び降りるんですかぁ
4階から↓しかもアスファルトですよね?
よく生きてましたね・・・
もう飛び降りないでねっ!自殺行為に等しいですよ
しかし本っ当に飛び降りたの?

KKMD #-

関節をはめてくれた医師は…
「ん~?ここかなぁ~?」って言ってたんじゃないのか?
で、「ちがったようだ…」とw
アミバネタにアミバ返しw

ZENRA-MAN #99DFA69w

>shisutaさん
そうなんです、イロエロ抜けてるんですwww
頭、もっとガキの頃にカチ割ってしまってるんですけどねwww

>たけさん
ネット登って怪我することなんて日常茶飯事でしたよ、俺の周りでは。

>sacchinさん
せっかく見つけた近道なので、止めることはないですよ。
あの時の俺は。

>yammie yaさん
マジで痛かったですよ。
でも、このくらいのことは、修羅場でもなんでもないので、
平気ですwww

>takanさん
4階って飛んでみると意外と低いもんです。
物足りませんからw

>ユイさん
見事に回復しましたよ。
コレも俺の努力の賜物だと思います。

>つっきーさん
マリオは今でもカナリできる自身ありますよ。
去年の年末から3ヶ月くらいずっと、
DSで対戦してましたからwww

>NOBさん
出来ることはやったほうがイイと思いますよ。
何でもポジティブシンキングですよwww

>佐倉さん
失敗したから、アスファルトに落ちたんですよ。
いつもチャリ小屋の屋根に着地してました。
4階じゃ、きっと死ねませんよ。死ぬ気じゃないと。
落ちた俺が言ってるので、間違いないと思います。
本当に飛び降りてたんですよ、モチロン。
そういう人間なんです、俺www

>KKMDさん
うはぁwww
医者と患者がアミバで、端から見てる看護師は、
面白いだろうなぁwww

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Retrieval in Blog

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Profile

ZENRA-MAN

Author:ZENRA-MAN
性別 :
血液型:B型
年齢層:オッサン層

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。