科学変態ZENRA-MANは失敗作

毎日がぐだぐだなので、どうでもイイことばかりを書いています
 
2017.10 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12
 
ALLRSS

■ スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 長いひまつぶし 

どうも、仕事以外はノープラン体当たり生活を送ってます
プライベートに関しては、本当に無関心、無頓着、無神経です

ノーhogehogeとか、無hogehogeとかの集合体が私です

※かなり長くなりそうなので、折り畳み式にします

※あからさまな間違いがないか今頃チェックしたら
橋の長さ間違ってました
ごめんちゃい
修正した長さは、赤文字にしています
(2011/05/12 16:30頃更新)



4/29~5/1、2泊3日でちょっくら瀬戸内に行ってきました
しまなみ海道に興味があったので
ぎりぎりになって行こうと思ったので、飛行機とか、新幹線とか、宿とか、希望したものとかけ離れたものとなってしまいました
世の中そんなに甘くありませんでした
世間知らずでごめんなさい

飛行機は、29日の昼くらいを希望していたのですが、早朝(7:25羽田発)となってしまいました
本当は、掃除やら何やら、やらかしてから行きたかったのですが、ダメでした
新幹線は、1日の昼くらいで、窓際を希望していたのですが、通路側でした
宿は、ものすごく豪華な旅館を希望していましたが、2軒とも、ビジネスホテルになりました
宿に関しては、もしかしたら予約できたのかもしれませんが、電話予約とか恥ずかしがり屋の私には、無理でした
恥ずかしがり屋は、いつだってネット予約です
知らない人とは、話せないのです
知っている人ともあまり話しませんが
そんな訳で、行く前からグダグダでした
ということは、実際に行ったら...


初日 4月29日
3:30に起床し、水飲んで、チョコ食べて、全裸になって、掃除して、お風呂入って、コーヒー飲んで、歯磨きをして、服を着ました
服を着て、アズスーンナズ、出発ゴーゴーです
5:32蕨発の京浜東北線でハママッチョーへ行き、ハママッチョーで東京モノレールに乗換え、羽田空港第2ビルへ行きました
私はいつだってANA好きなんで
っていうか、安いスカイマークとかも見てみたのですが、松山空港行きなんてありませんでした
ANAかJALだけでした
やっぱ、松山みたいなド〇舎行きは少ないんですね
飛行機中で客室乗務員の人が何度も私に尻を突き出してくるので、恥ずかしくなり、やがて怒りに変わりました
かなり不愉快な感じになってきたので、視界を変えるために読書に集中することに
めったに読書なんてする人間ではないのですが、最近、読書にはまってます
読んでもまったく面白くないんですけどね
そんなこんなしていたら、いつのまにかゴーゴーゴーギャギャギャギャーって松山空港に到着しました
途中、
客室乗務員「何か飲みますか?」といつもの奴を言われたので、
私「何があんの?」と聞き、
客室乗務員「お茶と、水と、すっきりりんごです」と言うので、
私「すっきり〇んこください」って言ったら、
客室乗務員が怖い目つきでニコッとして、すっきりりんごをくれました
本当にすいませんでした

9:00頃に松山空港に到着しました
正直、初日は、特にやることないので、早めに宿に向かって、面白くもない読書をしようと思っていたので、空港でタクシーに乗り込み、松山駅に向かうことにしました
が、タクシー運転手のオジサンが、「松山きたら松山城見ないと」って、強く言うので、しかたなくですが、松山城へ行きました
私は、城マニアでも、城ヲタクでもないので、城なんて見ても、あまり興奮しないのですが、とりあえず一通り見てきました
で、いろいろ写真も撮りました
松山城とか、松山市内の風景なんて全然興味ありませんが、いつもより多めに撮りました
松山城からの風景その1

松山城からの風景その2

松山城の手前で昔の女学生を装ったっぽい奴らとオジサンが記念撮影の相談

松山城とゆるキャラ

上目づかいで松山城の天守閣

壁の穴から松山城を撮影している奴らを盗撮

天守閣からの風景

大人の嗜好品 伊予かんソフトクリーム

というわけで、松山城の素晴らしさが分かって頂けたと思います
これを見た皆さんも、是非松山城へ足を運んでみてください
腐れきったブログの写真では、伝わらない良さを感じることができると思いますよ
ちなみに、昔の女学生を装ったぽい人たちは、何度も「記念撮影とうですか?」とうざいので気をつけてください
伊予かんソフトクリームはあの味にしては割高なので、これ以外のソフトクリームがいいんじゃないかなぁって思います
別にすすめたりしませんが
あ、天守閣の中に飾られている、刀とか、鎧とか、見ても結構、へ~って思います
思うだけですけど
ちなみに、展示品の中に柱にイタズラ書きされた似顔絵みたいのがあります
これは面白かったです
落書きした時代がちょっと新しそうな感じはしましたが、それは言わないのがお約束です
そんなこんなで松山城でした

松山城を後にしようと思ったのですが、松山城のチケット(いろいろなセットの奴)に、もう一つ余計なチケットがついていたので、それを見に行きました
松山城から、ロープウェイもしくはリフトで降りると、坂の上の雲のスペシャルドラマ館ってのがあります
いろいろ飾ってあったりとか、撮影風景が見れたりとか、女学生の装いっぽい人が「記念撮影どうですか?」と言われたりとかするところです
ここは、はっきり言って、おすすめできません
面白さがまったくありません
ひどいこと言って申し訳ありませんが、お金の無駄です
本当にごめんなさい
これで松山城は、本当に終了です

この後、松山城まで連れてきて頂いたあのオジサンが、「路面電車でJR松山駅まで行くといい」って強く言っていたので、路面電車に乗りました
路面電車になんて全く興味ありませんが、一応写真を撮っておきました
ザ・モダン電車

田舎者な私は、どこ行きに乗ったらいいのか、分からなかったので、ちょうど駅にスーツを着たたけさんみたいな薄毛の人がいたので聞きました
スーツを着たたけさんみたいな薄毛の人「あ、こっちに向かってきている奴に乗れば行けますよ」
私「あざーす!」
こういう電車とか、バスとかって小銭がめんどくさいんですよね
だからあまり乗りたくなかったのですが、タクシーのオジサンが強く言っていたので、しかたなく乗りました
路面電車とか全く興味なんてないので、タクシー拾ってリッチに行くのがいつもの私なのですが、オジサンに完全にマインドコントロールされちゃいました

というわけで、JR松山駅に到着しました
時間は、昼前、11時何分だったと思います
詳しくは覚えていません
いつも腕時計とかしないので
何かありそうで全くない松山駅


なんか小腹が減ったような、減ってないような感じだったので、ランチにしました
お得意のスマフォで喫茶店を探しました
で、駅そばの時計台とかいう、まるで北海道を連想させるお店に行きました
クチコミもたくさんついていたので、それなりに食えるもの出してくれることを期待して、向かいました
頼んだのは、ハンバーグとコーヒーです
ハンバーグは、普通でした
コーヒーも普通でした
でも、普通なものが一番難しいのです
美味しくもなければ、不味くもない、バランスのとれた食事でした

食後、今治までの特急のきっぷを購入しました
松山から今治まで、特急で1駅(約30分)です
で、特急に乗るまで、1時間余っていたので、ボーっしてましたが、それも1分も持たず、常にうろうろしてました
全く興味ありませんが、ホームでこんなん撮りました
ひっそりとたたずむ力持ち

そんなこんなしてたら、特急しおかぜが来て、おらよっと乗り込み、自由席だったので、若いギャルの近くの席に座りました
でも、若いと思っていたら、話していることはただのオッサンでした
しぐさとかもオッサンでした
ビールをぐびぐびして、ぷはーっ ガフッ(げっぷ)、とかないなと思いました
でも、なんかいい匂いがしたんで、30分我慢してました
あ、ちなみに特急しおかぜは、上の写真の奴じゃないですよ
上の写真の奴は、EF65です

そんなこんなしてたら、あっちゅう間に今治に到着しました
ガラスばりだよ今治

到着した時刻は、たしか、勘ですが、13時ちょい過ぎだったと思います
誤差範囲は、-2:00~+2:00です
何度も言いますが、しつこく言いますが、口を酸っぱくしたりはしませんが、いつも腕時計しないので、こんなん分かりません

今治駅構内には、繁華街でよく見かける如何わしい案内所とは違いますが、観光案内所なるものがあります
ちょっと歳のいったお嬢さんがやさしく教えてくれます
実際に私も教えて頂きました
本当にありがとうございました
テクスポート今治ってところに行きました
なんか体験とか、お勉強とか、見学ができるってネットで見たので、わくわくしながら行きました
あ、ちなみに今治は、タオルで有名で、ここはタオルのアレなんです
賢い皆さんならわざわざ説明しなくても、知ってましたね
すいません
というわけで、案内所のお嬢さんに教えて頂いた通りにバスに乗り、レッツラゴー!しました
が、なんかタオルの投げ売りとか、タオルの歴史みたいな映像の垂れ流し、年表が貼られた部屋と、タオル販売所みたいなのがあるだけでした
いつもはどうなのか知りませんが、この日は、そんな感じだったので、残念感が120%で、販売所でタオルを買って帰りました
建物の写真を撮ろうかと思いましたが、残念すぎて無理でした

タオルを買ったら、なんかウンコがしたくなったので、前方にある建物のトイレを拝借しました
けっこう出ちゃいました
すっきり〇んこ

と、すっきりしたのですが、帰りのバスが1時間以上こないことが判明しました
なんか残念感が200%にのぼり、なんかイライラがおさまりきらなくなってきたので、歩いて今治駅まで帰ることにしました
道が分からないので、野生の勘を頼りに歩きました
そんなイライラしているオッサンの目の前に天国が見えてきました
しかも、昼間っからプレイスポットらしいです
いろいろスッキリして楽になれるかもね

でも、天国には興味ないんので、ただひたすら歩きました
汗だくで
そしたら、今治城なるものがありましたので、パシャリとしました
城なんて見てもしようがないのと、全く興味ないので、撮る必要もなかったのですが、イライラがおさまっていなかったので、どうかしてたんだと思います
無理して南国を装ってます

タクシーのオジサンも立て直して新装しちゃってるから、あんなん見ても意味ないって、強く言っていたので、中には入りませんでした
で、ひたすら歩いて、今治駅へ

15:34に今治駅に到着し、駅そばのビジネスホテルへ
予定では、16:00チェックインでしたが、ちょっとくらい早くて問題ないだろうと思い、行きました
どうせやることもないので
受付の若いお嬢さんが、かなり昔の上原さくらっぽかったです
これはかなり興味があったので、写真撮ろうかと思いましたが、逮捕されるんじゃないかと思ったので、やめました

部屋について、またウンコして、テレビつけて、水を飲んで、服を脱いで、シャワーを浴びました
その後、夕食をどうすんべかと思ったので、お得意のスマフォで居酒屋を探しました
なんか出てきたので、一番上の店に行くことにしました

18:00になったところで、服を着て、居酒屋へ向かいました
和楽っていう店だった思います
注文したものは下記の通りです
・アスパラベーコン
・ささみにわさび塗ったやつ
・とりかわ
・サラダMサイズ
・刺身盛り合わせ
・生ビール中×3
全部で4,510円でした
アスパラベーコンとか、ささみの奴とか、串に刺さっていたので、メニューの同区画にとりかわってあったんで、串ものだと思って頼んだら、皿に山盛りに炒めたとりかわが盛られてて、クリビツでした
でも、頼んだ以上は、食べないといけないので、全部食べましたが
この店で一つ気になったのが、厨房の中に、マルボロの箱が置いてありました
ちょっと残念でした
本来なら料理人には、タバコとか吸ってほしくないんですけど、吸うにしても、客から見えるところにタバコは置かない方がいいかなと思いました

この後、20分かけて、最寄りのコンビニに向かいました
・日焼け止め
・水×2
・小瓶のキレートレモン
・ハゲダッツのアイス

15分かけて、宿に戻り、歯磨きをして、服を脱いで、お風呂にお湯を入れて、ムフフとして、テレビを見て、浴衣みたいのを着て、寝ました


2日目 4月30日
5:00に起床し、浴衣みたいのを脱ぎ棄てて、水を飲んで、キレートレモンを飲んで、シャワーを浴びて、歯を磨きました
6:55頃に顔と首に日焼け止めを塗り、トレーニング用のぴっちりした長袖の奴とTシャツを着て、トレーニング用の半ズボンをはいて、今治で購入した無地のスポーツタオルを首にかけて、ウィンドブレーカーを着て、7:00に朝食を頂いて、かなり昔の上原さくらに似ている人のところでチェックアウトして、今治駅前のタクシー乗り場へ行きました

タクシーに乗り、サンライズ糸山に向かいました
このサンライズ糸山は、宿泊施設でもあり、レンタサイクルターミナルでもあります
私は、しまなみ海道を走るための自転車を借りにいきました
GWということもあって、けっこう人がいました
8:00にレンタル開始ということだったので、受付前で並んで待ってました

しまなみ海道の情報は、ココで見てくださいね
しまなみ海道の良さを分かって頂けると思います
今回の旅行もこれがメインです
宿をぎりぎりに予約したこともあり、尾道の宿をとることができず、途中の因島の宿になってしまい、しまなみ海道すべてを走りきることはできませんでしたが
そんなことはどうでもいいのです
鼻っからグダグダになることは分かっていたことなので

サンライズ糸山からちょっと行くと、一番最初の橋、来島海峡大橋の入り口です
全長4.045kmあります
ここは有料道路なので自転車は200円かかります
歩行者は無料です
車は知りません
下を見ると軽く死ねます

橋を渡りきったところにこんな場所があったので写真を撮りました
風景とか全く興味がないので、撮る必要はないのですが、因島までそんなに距離がないので、時間稼ぎのために写真を撮りました
晴れてたのに曇りに見える写真

ここから先は、大島という島です
島の中は、軽いアップダウンはあるものの、疲労がたまるような箇所は一つもありません
お買いもの感覚でサイクリングできます
あまり運動しない方でも余裕だと思います
ここからだいたい9kmくらい走ったところで、また写真撮りました
よく見るとちっさい水軍がいます

ここからだいたい2.1km進むと、次の橋が見えてきます
橋の入り口は、どうして高いところにありますので、登りが続きますが、疲労がたまるほどきつくありません
そして2番目の橋、伯方・大島大橋の入り口になります
全長1.165kmです
ちなみにここも有料道路となりますので、50円かかります
Boys Next bridge(略してボイネク)

ここを渡るとこのCMで有名な地名のところになります

伯方島という島です
橋を渡り、だいたい1km進むと、マリンオアシスはかたがありますので、たいていの人はここで休憩しているっぽい雰囲気がプンプンしていたので、私も休憩しました
こんな場所に全く興味なんてなかったのですが、どうしてもここでオシッコしようと思ったので、休憩しました
渡った橋が見えたので、時間稼ぎのため、写真を撮りました
お池にかけた橋

この休憩所で偶然ソフトクリームを見かけたので、こんなものには決して興味はありませんが購入しました
海っぽいソフト

味は、伯方の塩です
ここから2.3km進むとまた次の橋が見えてきます
で、この橋の写真を撮ろうと思った時は、すでに渡りきってました
ちなみに3番目の橋は、大三大橋です
全長0.328kmです
ここも有料道路ですので50円かかります
この橋を渡ると、大三島という島です
ここでは全く写真を撮っていません
すっかり忘れていました
橋を渡り、4.9km進むと、また次の橋が見えてきます
4番目の橋、多々羅大橋も撮り忘れました
全長1.480kmです
ここも有料道路なので100円かかります
橋を渡っている途中の風景を撮りました
おい!指じゃま!!

携帯の画面が陽の光で見えないので確認もせずに撮っているので、ご容赦願います
この橋を渡ると、生口島となります
橋を渡って、下りが終わったところで、撮りました
あとのまつり

もう1枚撮りました
泳ぎたい!

で、さらにもう一枚
び、びびび、ビーチ!

橋を渡り、だいたい5.5kmくらい海岸沿いを進み、さらに1km町中をすすんだところで昼食にしました
水軍料理を出してくれるという店を見かけ、立ち止まったら、お店のおにいさんに「ここに止めて、中に入ってください」と言われたので、そのまま中に入っていってしまいました
仕方がないので、すいぐん丸って店で食べました
メニューを見たら、「海賊の膳 1,680円」なるものがあったので、頼みました
タコの天ぷらが美味しかったです
それだけです
この店から3.3km進むと次の橋です
その途中、どんな橋なのか写真を撮りました
手前が気になる

次の5番目の橋は、生口橋です
全長0.790kmです
ここも有料道路なので50円かかります
なんか傾いている

この橋を渡ると、仕方なく目的地とした因島です
この橋を渡って、だいたい5.5kmくらい海岸沿いに南へ行くと2日目の宿近辺になります
宿のチェックインは、16:00を予定していましたが、橋を渡った時は、まだ13:00です
着くのがかなり早過ぎちゃいました
ここまで、無駄に写真を撮り、無駄にツイートしていたのですが、そんなに時間かせぎにはならなかったようです
仕方がないので、渡った生口橋を撮りました
もぉぉええって!

そしてまた無駄に1枚
おい!また指!指!!

で、ここまで乗ってきたチャリンコです
もうくたくたですわぁ...

で、宿近くにある、レンタサイクルターミナルに自転車を乗りすて、サイクリング終了です
きつい登りもなし、そんなに距離もないので、しまなみ海道往復しても良かったなぁ、と後悔しました

この時点で確か14:00だったはずなので、宿に電話をしました
私「ちょっと早く着き過ぎたんで、今から行ってよかですか?」
宿の人「ああ、部屋の掃除しないといけないので、15:00でいいですか?」
私「じゃ、15:00でお願いします」
ということで、1時間暇になり、時間がつぶせる喫茶店を探しました

で、宿のすぐ近くに喫茶店がありましたので、迷わずそこに入りました
店に入り、あっつあつのおしぼりで顔を拭いて、手を拭いて、メニューを見て、ショートケーキセットを頼みました
おばちゃん「ケーキは2種類ありますけど、チョコとアレ」
私「じゃ、生で」
おばちゃん「少々お待ちください」
そう言って、おばちゃんは、店の左の左のケーキ屋さんにケーキを買いに出かけました
なんか不思議な風景でしたが、これが因島クオリティなんだなと納得することにしました
島民の結束力は強いです
たぶん

そんなこんなして、40分くらい時間をつぶし、宿の近くで、全く興味もない海の写真を撮りました
何が撮りたいのか惑いあり

さらにもう1枚
本当に何が撮りたいのか?


というわけで、宿に向かい、部屋に着きました
こんな部屋です
昭和かっ!

ソファーがなんとも言えない味を醸してます
部屋について、服を脱いで、ウンコをして、シャワーを浴びて、テレビを見ました
なんか、たかじんが出ていたんで、見ました
別にたかじんが面白いと思っているわけではなく、その番組しか見れる番組がなかったのです
そんなこんなしているうちに18:00になり、夕食の時間になったので、食堂へ行き、夕食を頂きました
たこのフライが美味しかったです
それだけです
あ、瓶ビールも美味しかったです
食後、歯磨きをして、服を脱ぎ、お風呂にお湯を入れ、ムフフとして、テレビを見て、浴衣みたいのを着て、寝ました


最終日 5月1日
5:00に起床し、テレビを見て、服を脱いで、ウンコをして、シャワーを浴びて、歯磨きをして、テレビを見ました
久しぶりに見た、アンパンマンが面白かったです
7:00になり、服を着て、食堂へ行き、朝食を頂きました
私の嫌いな生卵がありましたので、見向きもせずに、ご飯、味噌汁、煮魚、おでんっぽい何か、玉子焼きを食べて、部屋に戻りました
戻ったら、ちょうどがっちりマンデーやってたので、見ました

8:00にチェックアウトしました
で、尾道までどうやっていけばいいのか、フロントで確認しました
どうやら、私の苦手なバス移動とのこと
で、バス亭へ行ったら、目的のバスは、50分後みたいで、そこで待ちぼうけ
さすがに50分の待ちぼうけは、地獄でした
朝なので喫茶店もやってなくて、それしかなかったのです
地獄です

8:50くらいに目的のバスがきて、それに乗り、因島から尾道駅前まで移動しました
バス初心者なので、変なこと言いますが、1,000円をバスで両替すると、ちゃんと100円×9枚、50円×1枚、10円×5枚出てくるんですね
便利なものです
両替して、960円払って、降りたそこは、お祭り中の尾道でした

尾道に着き、帰りの電車12:26分発くらいまで、約3時間の暇つぶし地獄
とりあえず渡し船の写真を撮りました
船とおっ!

で、お祭りの裏方みたいのも撮りました
また指かよ...


そんなこんなしてても、暇はつぶれず、仕方がないので、尾道商店街を歩きました
とにかくガンガン歩きました
途中、喫茶店があったので、マイスモーヒー飲みました
そして、またガンガン歩きました
15kgくらいの荷物を背負った背中は、汗だくでした
そんな中、尾道ってどんな街ってのを分かって頂くために写真を撮りました
どんなんかな~

こんなんです
分かりづらいですね
とにかく斜面に家がいっぱいある感じです
分かって頂けましたでしょうか?

ということで、お祭り会場辺りに戻り、荷物を置き、背中を乾かしました
乾かしながら、軽食がとれそうな、喫茶店をお得意のスマフォで探しました
カフェというボタンを押すと、今いる近辺のお店を教えてくれます
で、レスポワール・ドゥ・カフェという店がクチコミもたくさんついていたので、そこに行きました

15分くらい歩き、店に入ると、
店のねーちゃん「予約はされていますか?」
私「してねーよ」
店のねーちゃん「そうしますと、13:00までの制限がありますが、よろしいですか?」
私「よろしいですよ」
店のねーちゃん「2階へどうぞ」
ということで、2階へ奥の席に座りました
なんか、ドラマのセットみたいなおしゃれな空間でした
きどった感じがあって、私みたいな人間にはちょっとって感じでしたが、入ってしまったんで、我慢しました
少ししたら、ねーちゃんが注文を聞きにきました
そこで、重大な過ちに気づきました
どうも、この店、フランス料理の店のようで、喫茶店じゃないそうです
スマフォに騙されと思いながら、メインディッシュが鯛のポワレ枝豆ソースのを頼みました
雰囲気は、私には向いてませんが、料理はおいしかったです
・ちっちゃいのがいっぱいのっている前菜
・サラダ
・じゃがいものスープ
・メインディッシュ
・デザート&コーヒー
値段は忘れましたが、1,9xx円くらいでした
デザートは、たくさんある中から3つ選べるらしいのですが、わざわざ1階に下りて選ばないといけないので、おねーちゃんに「てきとーなの3つ持ってきて」とお願いしました
そういった後に店のオジサンがコーヒーを持ってきてくれました
店のオジサン「ミルクとシロップはお好みの量を使用してください」
店のオジサン「といっても、シロップは全部入れちゃうと甘すぎちゃいますけど、ぷっ」
私「わかっとるわっ!」
なんかイラッとしたのでつい乱暴に言っちゃいました
オジサンごめんなさい
で、すぐに店のねーちゃんがケーキを持ってきてくれました
店のねーちゃん「左が当店人気No.1のいちごのケーキです」
店のねーちゃん「右がチョコケーキです」
店のねーちゃん「真中が私一押しのく、クレームブル、クレームブリュレです」
私「はぁ...」
正直な話、左と右は美味しくて、また食べたい気はしましたが、真ん中は普通でした
かなり前にも書きましたが、普通が一番難しいのです
どうでもいいことですが
この店、1品1品小出しにしてくるので、思った以上に時間がかかってしまい、食べ終わったら、うまいこと12:00まで暇がつぶせてました
残りの時間を尾道駅でご当地のお菓子を買い、電車で帰りました
会社にもお土産買おうと思ったのですが、あんまり際立つものがなく、やめました


夏は、東北にでも行こうかなと思ってます

■ コメント

さんどまめ #-

「ゼンラーさんの旅の手帖」だわ。
橋とソフトクリームが好きなのねー!
あとお姉ちゃん。

takan #YP/V7rg.

ほうほう、しまなみをチャリで渡ったんですね~。私もその辺は興味ありますw。

松山とか、愛媛県って道後温泉くらいしか思いつかなかったけど、“坂の上の雲”の何かあるんだったのか~。で、お奨めでもなかったのか~ww、チトその情報は残念でした。

私も、携帯で写真を撮るとよく自分指を写してるわ~w。

sacchin #mQop/nM.

読みごたえのある記事で面白かったわー。
朝3時に目覚めてしまったから
どうしようかとうだうだしてたの。
病室で旅行気分味わえました♪
今治駅は、痛そうな駅だね。

たけ #-

松山城きれいじゃないですか。

結構充実してしてたように見えますよ。
尾道ラーメン食べたりとか宮島とかいかなかったんで?

yonta #-

がんばって読んだ
きっと書くほうはもっと頑張って書いたんでしょう

とりあえずすっきりう○こだけはわかった。

ゼンラーマン #99DFA69w

>さんどまめさん
橋はそんなに好きじゃないですよ
むしろ嫌いです
いつ壊れるのか分からないので
観光中にソフトクリームを見かけるとつい食べちゃいます

>takanさん
是非、自宅から今治まで自転車で行って、そのまま自宅に戻ってみてください
スマフォってカメラの位置がアレだから、指入りがちです

>sacchinさん
面白いっていう人は初めてですw
これでは写真とか中身が不十分なんで旅気分も不十分だと思いますので
お腹の方が落ち着いたら、是非一家で出かけてみてください

>たけさん
きれいだと逆にアレだよね
尾道らーめん食べようかなと思ってたけど、暑かったからやめました
尾道にはちょっとしかいれない予定だったんで、宮島にはいきませんでした

>yontaさん
けっこう頑張らなかったよw
客室乗務員さんに行ったのはすっきり〇んこです

KKMD #-

おお~旅してるw
+-2時間ってのは光画部時間ですか?
仲間内でも使ってますwww

しまなみはトータル80キロ位だったかな?
海風と高低差のあるところがやばいですよ。
まあゼンラーマンさんは100キロとか走ってるから大丈夫か。
ワシは無理です・・・

きみどり #-

しまなみ海道いいなぁ~。
橋好き・水辺好きにはたまらない旅ですよ!
サイクリング中は橋の上で強風にやられませんでした?
私、沖縄で呼吸できないほどあおられたので。。
ソフトクリーム食べたい!

ゼンラーマン #99DFA69w

>KKMDさん
あ、そういう時間があるんですね
すいません、俺の場合、そのくらいいいかげん(いい意味で)ということです
今治~尾道でだいたい70km強だったと思います
運動不足な人でも楽ちん〇んですよ

>きみどりさん
強風はなかったですね
気温もちょうどよく、走りやすかったです
あの辺りに行くなら、GWがちょうどいいのかもしれません

puriri #-

ソフトクリーム率と指率が高いですね。
松山城、きれいです。
一度行ってみたいと思ってましたが、充分旅した気分に浸れました。
いい天気だな~。

ゼンラ-マン #99DFA69w

>puririさん
人ごみとは無縁の地域っぽいのでいいですよ
なんか内側の黒いものが多少薄まった気がします

きみどり #-

おおーい、生きてますかー?
タイミング的に次の記事で書こうと思ってたんだけど
なんだかじらされているのでここに書いちゃいます。
うちのブログちょっとお休みしてます(事後報告w

ちなみに今まで食べたソフトクリームベスト1は何味ですか?

ゼンラ-マン #99DFA69w

>きみどりさん
何でもそうですがノーマルが一番です

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Retrieval in Blog

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Profile

ZENRA-MAN

Author:ZENRA-MAN
性別 :
血液型:B型
年齢層:オッサン層

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。